close menu

Newsletter

  • EV12AQ600 ADCのESIstream (シリアル・インタフェース)のシミュレーション
    2022/06

    Vivadoシミュレータを使用して、EV12AQ600 ADCのESIstream(シリアル・インタフェース)のシミュレーションの仕方を解説。同期処理とレイテンシーについても解説

    Read More >
  • Versal ACAPとEV12AQ600 ADCを使ってESIstreamシリアルインターフェイスの開発を始めましょう
    2022/05

    Versal ACAP ESIstreamパッケージを導入し、ESIstream高速シリアルインターフェイス開発を加速するための情報を提供いたします。これはVCK190 Versal AIコア開発キットをベースとしています。

    Versal ACAP ESIstreamパッケージをご利用いただければ、EV12AQ600 ADC(FPGA ESIstream RX)やEV12DD700 DAC(FPGA ESIstream)などのESIstream高速シリアルインターフェイスを使用した高速データコンバータとVersal ACAPとをスムーズにご利用いただけます。

    Read More >
  • 高速アナログ/デジタル変換の新機能をご紹介します
    2022/04

    この動画では、クロスポイントスイッチを搭載した12ビットADCのプログラミングと設計の方法を説明します。Teledyne e2vのEV12AQ600は4つのコアを個別、ペア、あるいは全て同時に動作できるため、トータル6.4GSPSのサンプリング速度必要なチャンネルに割り当てることが可能です。この動画では、シリアルインターフェイスのプログラミング、インターリーブのタイミングの不整合を解消する方法、フレキシブルな内蔵RFスイッチの活用方法、複数のADCの同期技術について解説しています。

    Read More >
  • 耐放射線技術が、宇宙での高速演算処理を可能にします
    2022/04

    動画では、Teledyne e2vが宇宙での数値演算処理に必要な耐放射線ソリューションをご紹介します。当社製品の耐放射線試験や関連データの報告書などもご覧いただけます。

    Read More >
  • 小型 LEO(低軌道)通信衛星の向け IoT プラット フォームで QLS1046-Space を活用して高性能プ ロトコルを実現
    2022/03

    ここ数年で、モノのインターネット(IoT)技術は飛躍的に進化しました。これを支えているのが、広い領域をカ
    バーする小型 LEO通信衛星コンステレーションです。

    Read More >
  • 衛星軌道上でのマイクロプロセッサとFPGAによる エッジ・コンピューティング
    2022/01

    Teledyne e2vの最新のブロードバンドDAC製品を使用すると、マルチバンドの・マイクロ波送信機器を容易に設計することができます。

    Read More >
  • デタミスティックなディジタル・フェーズドアレイを ファイバー経由で制御するには?
    2021/10

    このホワイトペーパーは、テレダインe2vが物理トランスポート層の銅線をファイバーに置き換えてデータコンバーターをデジタルシグナルプロセッサに接続することを発表したものです。達成すべき目標は、高スループットのデータコンバーターのインターコネクトを大幅に簡素化してアンテナの近くに配置することです。そのためには、データと制御信号は、現在普及している方式よりもはるかに長い距離を伝送する必要があります。ここでは軽量光ファイバーの活用が鍵となり、これはマイクロ波RFシステムの大幅な革新になります。このアプローチはフェーズドアレイシステムで特に有利です。

    Read More >
  • Qormino®プロセシングモジュールが実現する、宇宙空間でのディープ・ラーニングAI
    2021/10

    QlevEr Satプロジェクトのフレームにおいて、テレダインe2vの支援でCSUG (Grenoble University Space Centre) とMIAI (Multidisplinary Institute of Artificial Intelligence) が、ディープ・ラーニングAIアプリケーション向けのQLS1046-Space処理モジュール (Quad Arm® Cortex® A72と4GB DDR4メモリ搭載の耐放射線性モジュール) のパフォーマンスを評価しました。この研究では、純粋なコンピューティング性能を評価し、総合的な推論ベンチマークを実施して最終的にトレーニング能力を評価しました。その結果、QLS1046-Spaceは適切な処理能力を提供することができ、宇宙空間での画像処理の深層学習を実行できることがわかりました。この評価結果は公表されています。

    Read More >
  • EV12DS480、12ビット8GSps – これからの宇宙機器に適したD/Aコンバータ
    2021/09

    高信頼性で高性能を要求される宇宙機器での使用に応えるために、EV12DS480 DACは過酷な宇宙環境での性能を評価するための試験が行われてきました。EV12DS480は12ビットで8GSpsのDACです。これからの宇宙機器で御使用頂くために設計され、さまざまな信頼性等級(NASAグレード1を含む)で提供されます。耐性保証試験項目には重イオン(HI)測定とトータルドーズ(TID)測定があります。TID試験は、被試験デバイス(DUT)の機能性と性能のパラメータドリフトを評価するために実施します。HI試験は、シングルイベントラッチアップ(SEL)とシングルイベント効果(SEU[1]、SEFI[2]、SET[3])が評価されます。

    Read More >
  • 戦略的エッジコンピューティングは 防衛システムを進化させます
    2021/09

    宇宙航空電子防衛システムの開発者は、信頼性の高い正確な判断を瞬時に下す一方でデータ転送や計算に関わる問題に対処しなければなりません。通常、防衛システム開発においては、商用技術を利用します。しかし軍事システムと商用システム間では、特に戦略的出発点に決定的に重要な違いがあります。商用システムとは異なり、軍用システムではヘテロジニアス・ネットワークの中で様々な処理、データの授受、意思決定を行うマルチホップ・ネットワークを使います。これらはすべて、電波妨害や電子戦などの攻撃者の行為に応戦する為に動的環境内に存在します。

    Read More >
JOIN OUR MAILING LIST
Subscribe to email annoucements