close menu

Teledyne e2vのプロセッシングモジュールが防衛産業界で選ばれる最大の理由

プロセッサとDDRメモリは、軍事、防衛、航空分野のコンピューティングシステムの中核をなすものです。

現在、最先端のCOTSプロセッサの性能は、これまでの軍事・航空システムを大幅に上回っています。

軍事・防衛システム開発の設計には5~10年かかります。そのためシステム運用を始める頃には、市場で入手可能な最新技術との間にかなり大きなギャップが生じます。

また、高性能のCOTS技術は2年以内(あるいはもっと短期間)に陳腐化する可能性があります。つまり、防衛システムの大量生産が実際に始まる頃には時代遅れの技術になっているのにも関わらず、大量生産はそこから20年から30年間と継続するのです。

軍事・防衛産業界では、時間のかかる再認定や再検証プロセスを回避するため、このような性能や製造中止品の問題に妥協せざるを得ない状況でした。

近年の次世代軍事・航空システムには、高い信頼性や性能を持つセーフティクリティカルな超高集積コンピューティングプラットフォームが要求されます。Teledyne e2vではそのようなニーズに応えるため、高信頼性プロセッシングモジュールのラインアップ、Qormino®を提供しています。

Qorminoは、NXP(旧Freescale)のPowerArchitecture®またはARM®をベースとしたギガヘルツクラス64ビットのプロセッサと高速DDR4メモリとを組み合わせ、Teledyne e2v独自の44 x 26 mm基板に搭載しています。0.8 mmのBGAパッケージでSWaP(サイズ、重さ、パワー)の制約に対応できる設計となっています。

QorminoはビルトインのDDRと「ビルディングブロック」方式を採用しており、市場投入までの期間がかなり短くて済むため、最新技術を搭載した製品の発売が可能です。

またTeledyne e2vは独自のSLiM™プログラムにより、製造中止品の問題にも取り組んでいます。さらに、2つの最重要なコンポーネントの供給元を1社に絞ることでスムーズな調達を可能にします。

Teledyne e2vの超高集積プロセッシングモジュールが軍事・防衛産業にもたらすメリット:高い信頼性と最適化された性能を備えながらコンパクトな形状で、市場投入までの期間が短縮でき、長期的な供給も可能です。こちらをクリックすると、当社のホワイトペーパーをダウンロードして詳細をご確認いただけます。

  • お問合せフォーム

    TELEDYNE e2vのエキスパートがすぐに回答します。
  • This field is for validation purposes and should be left unchanged.