close menu

戦略的エッジコンピューティングは 防衛システムを進化させます

宇宙航空電子防衛システムの開発者は、信頼性の高い正確な判断を瞬時に下す一方でデータ転送や計算に関わる問題に対処しなければなりません。通常、防衛システム開発においては、商用技術を利用します。しかし軍事システムと商用システム間では、特に戦略的出発点に決定的に重要な違いがあります。商用システムとは異なり、軍用システムではヘテロジニアス・ネットワークの中で様々な処理、データの授受、意思決定を行うマルチホップ・ネットワークを使います。これらはすべて、電波妨害や電子戦などの攻撃者の行為に応戦する為に動的環境内に存在します。

そのため防衛システムネットワークが拡大するにつれ、信頼性の高い戦略的エッジコンピューティングを利用してローカライズされたリアルタイムの計算分析と意思決定を通じて、送信データ量の削減が求められているのです。

このニーズに対応するには、基本的に電磁、放射線およびその他の航空電子工学防衛システム環境に必要な課題と適応性を満たすコンピューティング速度、サイズ、重量、消費電力、およびコストを備えたデバイスが必要です。

こちらをクリックすると、当社のホワイトペーパーをダウンロードして詳細をご確認いただけます。

  • お問合せフォーム

    TELEDYNE e2vのエキスパートがすぐに回答します。
  • This field is for validation purposes and should be left unchanged.