close menu

高速データ取得ソリューションが実現する、UHF部分放電検知による電力網のモニタリング

20世紀を通じて、電気はどこでも使えるユビキタスなものになり日常生活に欠かせないものとなりました。いうまでもなく、現在の電力供給を支える電力網は非常に複雑です。古いシステムの保守や更改、旧式の設備と新しいグリーン発電ソリューションとの接続、日々変動するエネルギー需要へのサポート、混雑した地域へのエネルギーの長距離輸送、必要基準への適合、そしてこうした課題に取り組みながら、最終的には顧客満足度を向上させる必要があります。このため、ここ数十年間は停電を防ぐ方法について強い注目が集まっており、設備に起こりうる問題のモニタリング、予測、および予防などについて集中的に研究されています。こうした問題の検出には、部分放電(PD)という物理現象が用いられます。本稿では、部分放電の概念と利点、そして部分放電をとらえるのに使われる様々な技術を簡単に紹介し、さらに極超短波(UHF)システム、より具体的にはそのデータ取得システムに焦点を当てます。そして、こうしたシステムの構築に適したデータ変換ソリューションを紹介します。

こちらをクリックすると、当社のホワイトペーパーをダウンロードして詳細をご確認いただけます。

  • お問合せフォーム

    TELEDYNE e2vのエキスパートがすぐに回答します。
  • This field is for validation purposes and should be left unchanged.