close menu

Teledyne e2v の宇宙グレード DDR4 を使用したハード ウェア設計における考慮点

高速で信頼性が高く耐放射線性に優れたメモリは、複雑な宇宙用エッジ・コンピューティングシステムに必要不可欠です。 DDR4 によって、宇宙産業では オンボード処理のスループットが向上し 、データの 取得時間を延ばすことができます。その結果、超高解像度画像、ライブストリーミングビデオ、 オンボード AI などの新たな 地球観測、宇宙科学、および通信 アプリケーションを実現できます。

以前、Teledyne e2v の宇宙アプリケーション用耐放射線性 DDR4 (DDR4T04G72 )を紹介しました。このメモリは最大 1.2 GHz のクロック周波数と 2.4 GT/s のデータ転送速度( 172.8 Gb/s の帯域幅)で 4 GB の揮発性ストレージを提供します。 本ホワイトペーパーでは、この宇宙用 DDR4 メモリを深く掘り下げて見ていきます。

本稿では、まずSDRAM について技術的に考察 した後、 DDR4 のアーキテクチャ自体と構成 について説明します。その理由は、 DDR4 にはアーキテクチャとハードウェアに新たな 特徴があり、設計する際にはこれらを考慮する必要があるからです。

例として、PolarFire FPGA Teledyne e2v DDR4T04G72 との ポイントツーポイント接続 、および 複数のDDR4 デバイスと Xilinx KU060 FPGA との接続 について 紹介します。最後に、DDR3 と比較した場合の DDR4 のメリット と、 シングルモードとマルチモードの DDR4 構成のストレージおよび容量 について説明します。

こちらをクリックすると、当社のホワイトペーパーをダウンロードして詳細をご確認いただけます。