close menu

デタミスティックなディジタル・フェーズドアレイを ファイバー経由で制御するには?

このホワイトペーパーは、テレダインe2vが物理トランスポート層の銅線をファイバーに置き換えてデータコンバーターをデジタルシグナルプロセッサに接続することを発表したものです。達成すべき目標は、高スループットのデータコンバーターのインターコネクトを大幅に簡素化してアンテナの近くに配置することです。そのためには、データと制御信号は、現在普及している方式よりもはるかに長い距離を伝送する必要があります。ここでは軽量光ファイバーの活用が鍵となり、これはマイクロ波RFシステムの大幅な革新になります。このアプローチはフェーズドアレイシステムで特に有利です。

Ka帯域までカバーした高帯域幅と消費電力の削減、デバイスの小型化といった特徴を持つ最新のデータコンバーターを使用することで、高感度なRFアンテナアレイを実現することができます。これは、商業的に発展しうるデジタル・フェーズアレイシステムを構築するための重要な次のステップなのです。

テレダインe2vのエンジニアによると、これらの目標達成は、ESIstreamプロトコルのさらなる発展を促すということです。概念実証として、ESIstreamプロトコルを適用することによって、エンコードおよびシリアル化されるすべての制御信号を制御する低コストの コーディングエンジンを設計することができます。コーディングエンジンを実装した低コストのFPGAは光リンクの反対側に配置され、近日発売されるEV12PS640やEV12DD700などのコンバーターとDSPモジュールの間のデータをブリッジします。

ここでは、システムの全体像、課題および実装計画について説明します。

こちらをクリックすると、当社のホワイトペーパーをダウンロードして詳細をご確認いただけます。

  • お問合せフォーム

    TELEDYNE e2vのエキスパートがすぐに回答します。
  • This field is for validation purposes and should be left unchanged.